ニキビの原因とは

ニキビの原因といえば「アクネ菌」です。アクネ菌という名前は、大手スキンケアの販売時などの広告によく登場しているので、おそらく一度は耳にしたことがあるのではないかと思います。ですが、アクネ菌が具体的にどのように働いてニキビの原因になるかということについては、意外と正確な知識を持っている人は少ないようです。
アクネ菌の正体は、ブドウ球菌などと同じく皮膚の表面に常に存在する菌類です。なので、ニキビができるときにだけ特別に集まってくる菌というわけではなく、人体にとってはおなじみの菌であるということもできます。ただし、普段肌表面にいるときは無害な菌であっても、肌環境の悪化による毛穴のつまりが発生した時には、その部分で活動を開始しニキビを作り出します。
アクネ菌をおさえるには、正しい方法で洗顔をすることが最も重要です。アクネ菌はもともとは、皮膚の酸性度を調整し、弱酸性に保って他の有害な病原菌の侵入や繁殖を防いでくれるという大切な役割ももっています。そのため、アクネ菌を完全に追い払うのではなく、適度に住み着くことができる肌環境を整えるようにすることが大切です。
アクネ菌はニキビの原因になるものですが、肌健康のためにはなくてはならないものです。アクネ菌が落ち着きやすいように肌にできるだけ刺激を与えないようにし、毛穴がつまらないように皮脂をおさえるように心がけましょう。洗顔時には力を込めすぎず、優しく行うのがコツです。